deli-flow

もう緊張しない!デリヘルに電話をかけるときの一言目から予約までの流れ

デリヘルを予約するときは、まず店に電話をかけることになります。事前に話す内容をしっかり決めておけば最低限の会話で済みますし、時間がかかりません。

スムーズに予約ができるようになればデリヘル遊びが身近になるので、ここで電話の流れを確認しておきましょう。

確認事項を事前に把握すれば電話の失敗は防げる

デリヘル嬢を呼ぶためには、店に電話で予約をいれる必要があります。もともと電話が苦手な方だけではなく、電話をかける相手が風俗店であることから電話予約に苦手意識を持っている方もいるかもしれません。

しかし、「何を伝えるか」を事前にしっかり確認しておけば、電話で失敗することはなくなります。

【指名かフリーかを選ぶ】
デリヘルで遊ぶ場合、まずは女の子を指名するかフリーにするかを決めましょう。お気に入りの女の子がいるのなら、指名をしたほうが失敗は少なくて済みます。

公式サイトを見ると、女の子の出勤状況を確認できます。しかし、あなたが指定した時間帯は別の客に付いている可能性もあるので、4人ほど候補を決めておきましょう。

また、オプションを追加する場合、女の子によってはNGもあります。女の子の希望を優先するか、オプションを優先するのかも決めておくと良いでしょう。

【呼ぶ場所の確認】
自宅とホテル、どちらにデリヘル嬢を呼ぶのかも決めておきます。自宅に呼ぶ場合は住所や建物名、部屋番号までをしっかり伝えましょう。

ホテルに呼ぶ場合は、どのホテルを利用するか決めていなくても大丈夫です。なぜなら店に電話をかけた際に、ホテルを紹介してもらえることがあるからです。デリヘル店がおすすめするラブホを利用すると、セット料金でお得に利用できることもあります。

ホテルが決まったら、実際にホテルに着いてからまた電話をかけることになります。そのときに、ホテル名と部屋番号を伝えましょう。

実際に電話をかけるときの手順

デリヘルでの遊び方を決めたら、さっそく電話をかけてみましょう。電話が苦手な方でも、基本的には店側がリードしてくれるので、そこまで心配する必要はありません。伝え忘れがないように、以下の手順を参考にしてみてください。

1:店を決めるときに見た風俗情報媒体を伝える
2:利用日時を伝える
3:指名かフリーかを伝える
4:自宅かホテルかを伝える
5:コース内容を伝える
6:オプションの希望を伝える

最初の一言目は、店を知るきっかけになった風俗情報誌やサイトなどの名前を伝えましょう。そうすることで割引などの特典を受けられることがあります。

また、電話番号を相手に知られたくないからといって、非通知設定で予約をするのは避けたほうが良いでしょう。店側から折り返し連絡ができなくなってしまいますし、非通知は心証も良くありません。女の子の安全のため、非通知からの予約は断る店もあります。

電話をかける前に「どんな女の子とどのように遊びたいのか」をはっきり決めておけば、スムーズに予約ができます。電話の第一声を「○○の広告を見て予約したいのですが」などと話し出すと、店側が必要事項を確認してくれるので希望を伝えていきましょう。

アダルト無料レンタル素材集【大人の素材】