このエントリーをはてなブックマークに追加

広島市内のデリヘル一覧

2

広島市内のホテルに関連するキーワード

広島市内エリアについて

【広島市内の観光】
広島市内の観光スポットはたくさんありますが、まず思いつくのは宮島・厳島神社でしょうか。わたしも以前に何度か訪れたことがありますが、鮮やかな朱色の厳島神社は何度見ても飽きない素晴らしい神社です。
世界遺産にも登録されているのですが、宮島全部というわけではないのですね。寝殿造りの厳島神社、大鳥居が建つ前面の海、背後の弥山原始林を含む島の14%が世界遺産として認められているそうです。世界遺産と称されるからには、厳しくいくつも基準が定められているようなのですが、その基準のひとつには「歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本」などとあります。厳島神社は6世紀末の推古天皇の時代に建てられ、12世紀に平清盛によって今の姿に、と言われていますが、その歴史を思うと、本当に類まれで貴重な建造物であることは確かです。
宮島観光でもわたしがぜひまた行ってみたいと思うのが宮島水中花火大会です。朱の大鳥居が花火をバックに幻想的に浮かぶ姿は、何も言葉がでてこないほど綺麗で、大きなレンズを構えた写真愛好家の人たちがたくさん、その瞬間をカメラにおさめようと来ていたのが記憶にあります。都内の花火ももちろん大好きですが、世界遺産と花火との組み合わせには、個人的にはやはり叶いません。またいつの日ぜひ訪れたい場所です。
【広島市内のお好み焼き】
広島といえばお好み焼き。わたしも西日本の人間なので、お好み焼きといえばそば入りの広島風がまず頭に浮かんできます。大阪のお好み焼きももちろん大好きなのですが、やっぱり懐かしい味がするのは広島風。昔の思い出がたくさん蘇ってきます。
先日、地元へ帰った際に10年ぶりくらいに立ち寄った広島。学生時代はよく友人と訪れた街です。まだ運転免許ももってなかった頃、わざわざ高速バスに乗って一路広島まで。約1時間半くらいでしょうか。田舎に住むわたしには広島はものすごく都会で憧れていた街でした。とにかく市内を端から端まで歩きまわって、美味しいものを食べて、路面電車に乗って、友人とくだらない話をたくさんして・・若かりし青春時代でした。
久しぶりに訪れる広島市内。やっぱりシメはお好み焼きと思い、その青春時代を共にした広島在住の友人に、一番美味しいお好み焼き屋どこ?と聞くと返ってきたのが「八昌」。
お店につくともうすでに行列です。表参道のEggs 'n Thingsのものすごい行列を見るたびに、絶対並びたくない!と頑なに思うのですが、次いつ来られるか分からないという思いからでしょうか、ここまできたからにはと気合で並びました。
約1時間後、席を案内され、まずはおつまみにすじぽん。ビールがすすみます。注文したのはそば肉玉。そばが思ったよりもカリカリしてすごく美味しい。1時間並んだ甲斐がありました。サイドメニューに頼んだ牡蠣バターがまた絶品でした。わたしの好みを分かっている友人。そんな友人の勧めのおかげで、久しぶりに美味しい広島の食を楽しめました。
【広島市内の球団】
昨年末、わたしの故郷の野球場が「津田恒実メモリアルスタジアム」という愛称になりました。津田選手といえば広島市内に本拠地を置くプロ野球球団広島カープの名選手。そして、津田選手の母校がわたしの生まれた市内の高校ということもあって、最近のプロ野球事情には疎いわたしでもその名前はよく知っています。
今から20年前32歳の若さで、彼は短い人生を終えました。わたしがまだ小学生だった頃ですが、それは今でも記憶に残っています。今でこそ見なくなりましたが、当時はゴールデンタイムといえば我が家ではプロ野球観戦。父親は普段とても無口な人でしたが、プロ野球を見ているときだけはとても熱い人でした。なかでもやはり広島に近いことから熱狂的な広島ファンでもあり。その時の勝ち負けによって父の機嫌も左右されるので、負けた日にはさっさとリビングを出てお風呂に入って寝よう、なんて思っていました。
津田選手の母校に通っていたわたしの友人も多数います。プロ野球選手にまでなる有名人が市内の出身なんて、とても誇りでした。
若くして脳腫瘍だったそうです。もうすでに今、津田選手の亡くなった歳よりも自分が年上になっていることに時の流れを感じます。20年たった今でも彼の名前が故郷のスタジアムで生き続けていることは、同郷としてとても嬉しいことです。
【広島市内の路面電車】
わたしがまだ4.5歳の頃、目の手術を広島市内の大学病院でしました。今では眼鏡もコンタクトもいらない視力抜群の裸眼で何の問題もないのですが、手術をしてからも年に数回広島まで定期検査に行っていました。
新幹線で約30分。とても近いのですが、その頃は普段土日が仕事だった父親とできる唯一のおでかけ。わたしにはとても楽しいイベントでした。
広島駅につくと病院までは路面電車。当時、道路を走る電車なんて見たこともなく、とにかくワクワクする道のりでした。広島駅から病院最寄りの紙屋町西まで約15分。今思うと15分だったのが信じられないくらい長く楽しい道のりでした。父親と何を話すわけでもないのですが、とにかく二人だけで出かけるなんてこんなこと以外なかったので、その日が近づいてくると楽しみで眠れなかった気がします。父親も以前に自分が目の手術をしているだけに、その頃は心配でしかたなかったと思いますが、まだ小さかったわたしにはそんな思いもまったくわからず。子供を持つ身になった今、大きい病院での幼児期の手術、はかりしれない不安があったのではないかな、と思います。
病院の検査が終わるとまた同じように路面電車で駅へ。父と広島市内の観光をした、という記憶はあまりありませんが、帰りに必ず家で待つ母へもみじ饅頭のお土産を買ってかえりました。ふたりで毎度のように同じ店で広島名物のお好み焼きを食べて帰るとか、そんななにげない思い出が忘れられない特別な宝物です。
【広島市内の原爆ドーム】
広島市内に1945.8.6に投下された世界最初の核兵器。たった一瞬にして多くの人が犠牲になり、また今でもその後遺症に苦しむ人は多くいます。
広島の原爆ドーム、実際に目の前で見たとき、なんともいえない戦争の恐ろしさ、残酷さをヒシヒシと感じました。原爆資料館に行くよりも何よりも、個人的にはこの当時の姿を見るだけで、原爆がどれだけ凄いものだったのかがよくわかると思います。原爆ドームはちょうど真上から爆風を受けたとかで、全壊を免れた建物です。今でもその衝撃の姿を変えることなく残しているのは、見るにはあまりにも悲しいけれども忘れてはならない事実。全世界の人々に周知してほしい日本の世界遺産です。
昔、原爆の資料を見たときに、あまりの壮絶な姿に目を覆いました。とても正面からまともに見続けることはできませんでした。今でも走り続けている路面電車は炎上したまま遺骸を乗せて走り続け、つり革を持った形のままで、運転席で操縦したまま亡くなった姿を見たときには、今でもその路面電車が走り続けていることを思うと本当に涙がとまりませんでした。
3.11に起きた大地震による原子力問題。8.6に落とした原爆はアメリカのものだったけども、今回は日本が我が国に落としてしまった爆弾なのではないでしょうか。これからの子供達の明るい未来のためにも、このまま残すべきかどうか考えさせられてしまいます。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ