このエントリーをはてなブックマークに追加

大分エリアから探す

市区町村から探す

ジャンル別で探す

大分のデリヘル一覧

3

大分について

大分県は、日本の九州地方東部にある県。県庁所在地は大分市。温泉の源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(291,340ℓ/分)ともに日本一[1]で、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉は全国的に知名度が高い。さらに地熱発電でも日本一を誇り、栽培、養殖などの産業、食文化や美容と医療に至るまで、豊かな温泉の恵みが幅広く活かされていることから、県では現在「おんせん県」を商標登録申請し、全国に大分の温泉をPRする活動を行っている。現在の大分県の名は、古来国府が置かれていた大分郡(おおきたのこほり)に由来する。「おおいた」という読みは、「おおきた」が転訛したものである。
さらに、大分郡の名の由来については、『豊後国風土記』によると、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされている。しかし、大分平野は広大とは言えないため、実際には、狭くて入りくんだ地形に多くの田が造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとするのが最近の定説である。山地の占める割合が大きく、西部には九重連山、南部には祖母山・傾山がそびえる。平野部は北部の中津平野、中部の大分平野、南部の佐伯平野など限られた地域に分布している。豊後水道を挟んで四国地方に接しており、その最狭部の豊予海峡の幅は10kmほどである。南部の日豊海岸にはリアス式海岸が発達している。椎茸及びかぼすが特産として知られる。椎茸のうちでも特に、正月のおせち料理などで珍重される身が厚く表層に星型の亀裂が入る干し椎茸のどんこが名産。水産物では関あじ、関さばや城下かれいがある。大分県の大部分では豊日方言が話される。このうち、県中南部の方言は大分弁、県北部の方言は中津弁、県西部の方言は日田弁と呼ばれる。日田弁は豊日方言に分類されるものの、筑後弁などの肥筑方言の影響が大きい。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ