このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮のデリヘル一覧

33

さいたま(大宮・浦和)・川口・上尾エリアについて

[さいたま(市)の概要]
さいたま市は、2001年5月1日に大宮・与野・浦和の三つの市の合併によって誕生した埼玉県の県庁所在の市です。岩槻市を2005年4月1日に編入、岩槻区として10区体制となりました。大宮市・浦和市・与野市の三つの市の合併に先だちまして、新しい県庁所在地に相応しい名称を付けようと公募で市の名称を募集しました。その結果、県名を平仮名にした「さいたま市」が採用となりました。全国で初めて、唯一の平仮名の県庁所在地の誕生となりました。
都心からのアクセスも良いさいたま市では、人口増加が問題のひとつとなっており、過大規模(非常に大きな規模)とされる小学校が多いことが指摘されております。2002年頃、全国に17校あった"児童数1,200人以上の小学校"のうち、さいたま市には4校がありました。2005年には、更に1校増え5校となりました。この状態を問題視したさいたま市は、教育委員会に『大規模校解消プロジェクト会議』、『大規模校教育環境整備推進検討会議』が設置され規模の大きな教育機関の施設改善や見直し等の取り組みが始まることになりました。
2007年、2009年と新しい小学校が建設され、2012年には美園小学校が誕生しております。また、さいたまは昔からサッカーが盛んな土地です。現在でもJリーグに所属している人気チーム、大宮アルディージャと浦和レッドダイヤモンズが本拠地を置いていることで知られております。

[大宮を歩く]
大宮の歴史は門前町から始まりました。東京・埼玉・神奈川周辺では最も旧い地名と言われているように日本有数の歴史ある街なのです。その始まりは今からおよそ2,400年前に氷川神社が送創建されたことによります。東京都・埼玉県近辺に約200社ある氷川神社の総本社が、大宮の氷川神社です。埼玉県営の大宮公園は67.8haの面積を誇る埼玉県内でも有数の都市公園です。大宮公園内には、・埼玉県営大宮公園野球場、・さいたま市大宮公園サッカー場(NACK5スタジアム大宮)、・大宮競輪場(兼陸上競技場)、・大宮公園児童スポーツランド、・埼玉県営大宮公園水泳場、・埼玉県営大宮公園体育館、・大宮公園小動物園、・埼玉県営大宮公園弓道場、・埼玉県立歴史と民俗の博物館 などの施設があり非常に充実しております。
大宮駅西口にあるランドマーク・ソニックシティは、総面積12万㎡にもなる、全国でも有数の複合コンベンション施設です。オフィスや各種会議室、イベントスペースなどを併設する31階の高層ビルを中心に、国内でも最大級のホールやホテルなどが立っております。

[浦和について]
かつて埼玉県の県庁所在地であった浦和地区は、江戸時代には中山道の宿場町のひとつとして栄えたエリアです。事実上、埼玉県のあらゆる分野の中心的な存在ではないでしょうか。
特にサッカーなどのスポーツが盛んな街としても知られており、Jリーグの浦和レッズの本拠地となっております。このエリアには非常に多くのスポーツ施設があります。浦和センチュリーシティ3Fにあるうらわ美術館は、美術展・企画展を開催するほか、さいたま市・浦和にゆかりのある美術家の作品や装丁など、価値のある書籍のアートなどを収集しており、日本全国の美術・芸術ファンからの評価も高いです。全国的に「ゆるキャラ」がブームとなっておりますが、浦和には『浦和うなこちゃん』というゆるキャラが存在しています。浦和のうなぎを全国的にしってもらうために、"浦和のうなぎを育てる会"が企画したものです。キャラクターデザイン・テーマ曲の作詞を手がけたのは、あのアンパンマンの作者であるやなせたかしさんです。浦和駅西口には浦和うなこちゃんの石像が建立されており、待ち合わせのスポットとして多くの方に知られております。

[川口の概要]
川口市は埼玉県南東エリアの荒川北岸にある、人口およそ56万人の街です。埼玉県内ではさいたま市に次いで2番目に人口が多い街となっております。荒川を隔てる形で東京都と接しており、東京方面に通勤・通学する「埼玉都民」が多く東京駅からの距離は15km圏に位置しております。これは、ほぼ大田区と同じ距離・位置関係となっております。今や川口駅前は再開発によって様々な商業施設が誕生しておりますが、元々は工業都市として栄えた街です。川口といえば鋳造の街というイメージが強いのではないでしょうか。駅前には「働く歓び」と呼ばれる収蔵職人を模した銅像が建てられておりますし、川口駅の看板は鋳造で作られているほどです。加えて言いますと、東京オリンピックで使われた聖火台は川口で鋳造されたものなのです。世界的にも高い技術の鋳造であったことが伺えるエピソードですね。1967年に開園(当時はグリーンセンター川口市立花木植物園)川口市立グリーンセンターは、都市公園100選に選ばれている植物園で、現在でも川口の観光スポットとして注目を集めています。休日ともなりますと、多くの観光客・行楽客で賑わいを見せます。園内にはいくつかのパワースポットがあり、県内外からのスピリチュアルファンがつめかけております。

[上尾を知ろう]
上尾市は、人口およそ22万人の埼玉県中東エリアにある市です。現在の上尾エリアは中世まで農村地帯でしたが、農業用水の確保が難しい状況であったため、水田よりも麦などの畑作が行われていました。江戸時代に中山道の宿場、上尾宿が置かれようになりますと、人口およそ1,000人の宿場町ができましたが、上尾宿は宿場の中では規模が小さかったと言われております。当時、貨物輸送については水運が有利であり、江戸との輸送交通は荒川を利用した船が中心でした。そのため、船着場のあった平方の方が上尾宿より賑わっていたのです。上尾市は都心郊外という地理的な条件にも恵まれたことで、1967年に行われた埼玉国体のメイン会場として開催されたことをきっかけに、人口急増において日本一という記録を出しました。また、埼玉市との合併の是非を問う住民投票を行いました。この投票は、日本で初めて行われた「合併の是非を問う住民投票」となり非常に注目されました。主な観光スポットには、さいたま水上公園、城山公園、上尾丸山公園、上尾市自然学習館、上尾運動公園などがあります。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ