このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルDEデリヘルとは、あなたの宿泊先・宿泊予定の「ビジネスホテル」「シティホテル」にデリヘルが「呼べる」「呼べない」を調べるサイトです。実際にホテルを利用した皆さまからの口コミ等の生の情報を整理して見やすく掲載しています。皆さまのホテル選びの参考にしていただき、さらなる情報提供にも是非ご協力ください。

郡山駅のホテル一覧

31

このエリアに派遣可能なデリヘル

1

郡山駅のホテル一覧

ダイワロイネットホテル郡山駅前 郡山市駅前1-6-10 024-927-4855
100%
チサンホテル郡山 郡山市駅前1丁目8-18 024-923-6711
100%
スターホテル郡山 郡山市長者3-5-6 024-934-5221
100%
ホテルプリシード郡山 郡山市中町12-2 024-925-3411
100%
ホテルロイヤル郡山 郡山市中町11-2 024-932-3232
100%
ホテルクラウンヒルズ郡山 郡山市大町1丁目1-1 024-925-4411
100%
アパホテル〈郡山駅前〉 郡山市駅前1丁目9-18 024-923-9111
100%
コンフォートホテル郡山 郡山市方八町2-2-22 024-941-2911
50%
郡山ワシントンホテル 郡山市大町1丁目3-3 024-923-1311
100%
郡山シティホテル 郡山市駅前2丁目5ー16 024-922-1111
100%
スマイルホテル郡山 郡山市芳賀3-8-20 024-943-6851
100%
郡山ビューホテル 郡山市中町3-1 024-924-1111
100%
ホテルバーデン 郡山市安積町成田字島ノ前2-3 024-947-7777
100%
郡山ビューホテルアネックス 郡山市中町10-10 024-939-1111
100%
郡山セントラルホテル 郡山市本町1-10-13 024-923-2255
100%
ホテルハマツ 郡山市虎丸町3-18 024-935-1111
100%
月光温泉クアハイム 郡山市安積町笹川字四角坦43-1 024-947-1126
100%
ホテルシーアンドアイ郡山 郡山市堤下町12-7 024-927-1119
100%
磐梯の湯 ドーミーインEXPRES.. 郡山市大町2丁目18-1 024-935-5489
0%
ホテル東横イン郡山 郡山市本町1-16-3 024-935-1045
0%
ホテル・アルファーワン郡山東口 郡山市方八町2-2-8 024-956-3900
0%
大八ホテル 郡山市中町18-5 024-932-1576
0%
ホテルルートイン郡山インター 郡山市町東2-230 024-952-0505
ホテル・アルファーワン郡山 郡山市長者1-2-16 024-925-0002
ホテルルパセ郡山 郡山市西ノ内1丁目4-11 024-922-5858
ふじ旅館 郡山市池ノ台13-5 024-922-2495
ホテル蓬莱 郡山市赤木町14-13 024-922-0064
ホテルルートイン郡山 郡山市南1-55 024-925-3313
みずほ旅館 郡山市菜根5丁目8-15 024-922-4960
ビジネスホテル増花 郡山市駅前1丁目8-4 024-933-1629
ビジネスホテルアクツ 郡山市池ノ台18-2 024-923-0131

郡山駅について

郡山駅(こおりやまえき)は、福島県郡山市字燧田(ひうちだ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。
【乗り入れ路線】
JR東日本の新幹線と在来線各線が乗り入れ、東西南北へ向かう路線の結節点となっている。新幹線は、線路名称上は東北新幹線のみであるが、新幹線ホームには同新幹線の列車のほか、福島駅から奥羽本線に直通するミニ新幹線である山形新幹線の列車も停車する。
在来線は、線路名称上は東北本線・磐越西線・磐越東線の3路線が乗り入れている。このうち東北本線を本駅の所属線とし、また磐越西線は本駅が起点、磐越東線は本駅が終点である。このほかに東北本線の本駅の南隣にある安積永盛駅を終点とする水郡線の列車も本駅まで乗り入れており、前述の各線と合わせると5方面の列車が本駅を発着している。
【駅構造】
新幹線は高架駅、在来線は地上駅となっている。
直営駅(駅長・管理助役・助役配置)であり、管理駅として、東北本線の安積永盛駅 - 本宮駅間および磐越西線の喜久田駅 - 中山宿駅間の各駅を管理している。
【在来線】
在来線は、構内東側の1階にある島式ホーム2面4線と単式ホーム1面1線、切欠式ホーム1面1線、合計4面6線のホームを使用する。線名は駅舎側から、下り4番線(1番線)、下り3番線、磐西本線(2番線)、水郡本線(3番線)、下り本線(4番線)、上り本線(5番線)、磐東本線(6番線)、(以下側線)となっている。2番線の上り方面先端の西側が切り欠かれており、ここが3番線となっている。
1階在来線中央口に繋がる地下道と、2階新幹線乗り換え・北口改札に繋がる跨線橋で各ホームは行き来できる。ただし、地下道は階段のみ、跨線橋には上下エスカレータとエレベーターも設置されている。
以前は改札口-1番線-島式ホーム(1・2番)-2番線という構成であったが、1番線の線路を撤去後しばらくしてから改札口から2番線ホーム(現在の1番ホーム)に直接移動できるように改修され、相対式ホームとなった。旧1番線撤去後しばらくの間、番線表示は2-6番線と水郡ホームとなっていたが、2007年春のダイヤ改正で1番線-6番線となった。
売店が1番線(待合室と併設)にある。トイレ・喫煙所・待合室は全ホームに設置されている。【新幹線】
新幹線は、構内西側の3階にある島式ホーム1面2線と単式ホーム1面1線、合計2面3線のホームを使用する。両ホームの間には通過線2線が引かれている。下りの12番線、上りの13番線には、LED式の乗車位置案内表示器が設置されている(11番線は従来通り足元表示のみ)。なお、本来は11番線から発車する上り一番列車である「なすの258号」のみ不定期に13番線から発車することがある。「はやぶさ」「はやて・こまち」の全列車と「やまびこ・つばさ(つばさ単独時含む)」の臨時下り列車の大半は本駅を通過する(上りの臨時列車は大半停車する)。
【のりば】
東北本線下りは原則として4番線、上りは原則として2・5番線を用いる。2番線は基本的に到着列車(一部折り返し)を用いる。なお、1日1往復、早朝に1番線から東北本線下り・上りの列車が発車するので注意。
在来線
1■磐越西線 猪苗代・会津若松・喜多方方面
3■水郡線 磐城石川・水戸方面
2・4・5■東北本線 (上り)須賀川・白河・黒磯方面(下り)二本松・福島・仙台方面
6■磐越東線 船引・小野新町・いわき方面
新幹線
11■東北新幹線 (本駅始発専用ホーム)
12■東北・山形新幹線 (下り)仙台・盛岡・山形・新庄方面
13■新幹線 (上り)大宮・東京方面
【構内の設備】
新幹線は2階、在来線は1階(エスパル改札は2階)とフロアが別になっている。また、在来線利用の場合でも、自動券売機で購入できない乗車券類を購入する場合は、2階のみどりの窓口で購入する。
≪1階≫
在来線改札口
自動券売機
郡山おみやげ館
フードバザー(フードコート)
NEWDAYS
キオスク
カフェ杜の香り
タリーズコーヒー
スターバックス
LUSH郡山駅店(階段の直下に設置)
STREET195(ATM、喫茶店、花屋)
駅レンタカー
お忘れ物承り所(テレフォンセンター)
弁当屋
そば処あさか
≪2階≫
新幹線中央改札口
エスパル改札口
新幹線乗り換え改札(エスパル改札口に隣接)
自動券売機
指定席券売機
えきねっと券売機(みどりの窓口室内と乗り換え改札口横)
みどりの窓口(営業時間 5:20-23:00)
びゅうプラザ
ドトールコーヒー
レストラン街(サイゼリヤ、和幸レストランなど)
郡山駅献血ルーム
駅前コンタクト
くまざわ書店
待合室(改札内・外)
総合(観光)案内所
福島県警察鉄道警察隊郡山分駐隊
お土産処あさか野
立ち食いそば店
NEWDAYS(新幹線改札内)
≪3階≫
駅構内の転車台
新幹線ホーム - 売店や待合室も設置されている。
1階から2階、2階から3階へは、階段、エスカレーター、エレベーターで行き来できる。
【駅周辺】
このセクションは周辺施設の雑多な箇条書きで構成されており、内容も現在に偏り歴史的見地にも欠けています。文章による解説を中心に据え、施設の箇条書きは解説に必要な程度に絞り込む必要があります。
【百貨店・複合商業施設】
アティ(ATi郡山)
うすい百貨店
エスパル
食品館ピボット
モルティ - ビッグアイ1階-5階
郡山市役所市民サービスセンター併設
ザ・モール郡山(LIVIN郡山店) - 安積黎明高校バス停下車徒歩2分程度
イオンタウン郡山 - 東口徒歩で約7分程度
郡山スクエアビル
ホテルプリシード郡山リュヴレ - 同ホテル1階-地下1階
郡山駅東ショッピングセンター - 西口(バスターミナル口)から徒歩で約8分程度
【宿泊施設】
郡山シティホテル
東横イン郡山
ホテルアルファーワン郡山
ホテルアルファーワン郡山東口
チサンホテル郡山
郡山ビューホテルアネックス
郡山ビューホテル
郡山ワシントンホテル
アパホテル郡山駅前
大八ホテル
ホテルリッチフィード
ホテルハマツ
ホテルロイヤル郡山
セントラルホテル
ホテル増花
ホテル西小野屋
コンフォートホテル郡山
ドーミーインEXPRESS郡山
【その他の施設】
郡山ビッグアイ
麓山公園
郡山総合車両センター郡山派出所
国道4号
福島県道17号郡山停車場線(駅前大通り)
おばあちゃんの民話茶屋(語り手による地元民話を聴くことができる) - エキナカ2階
アクターズスタジオ郡山校 - セントラルフィットネスクラブ郡山がFC運営
福島交通郡山支社
アエラホーム 郡山店 
【バス路線 】
市内路線バス]
福島交通
【バスのりば】
行き先の前にある()は経由
1番:(新国道)須賀川・並木、安積団地、舘ヶ岡、(南タウン)向陽台団地、(栄町)柴宮団地
2番:蓬田、馬場、東山霊園、正直、(旧国道)須賀川・六軒、長沼、下守屋
3番:小野、柳橋、蒲倉・荒井、日本大学・徳定、方八町循環、東部ニュータウン、東部タウン循環(方八町回り)
4番:高速バス【昼行】福島、新潟、仙台、会津若松、小野・いわき、新宿、福島空港、新越谷【夜行】東京・横浜、京都・大阪、浜松町・新木場、山形
5番:(奥羽大)喜久田、八山田循環(奥羽大回り)、(テニスコート)百合ヶ丘、あぶくま台団地、(美術館)東部ニュータウン、東部タウン循環(美術館回り)
6番:船引、三春、(西田)甲森、(旧国道)本宮、(旧国道)宝沢・日和田、(旧国道)宝沢・フェスタ、(新国道)日和田・フェスタ、八山田循環(勝木沢回り)
7番:さくら循環(虎丸回り)、さくら循環(山根回り)、(山根)柴宮・免許センター、カルチャーパーク
8番:(新国道)熱海温泉、(玉川)熱海温泉、夏出、西部工業団地、河内、(新さくら通り)希望が丘、(下富田)百合ヶ丘
9番:(市役所)大槻、(市役所)新池下団地、(市役所)希望ヶ丘、(市役所)静団地、(市役所)免許センター、(福祉センター)希望ヶ丘線、あすなろ循環(市役所回り)
10番:コスモス循環(西の内回り)、あすなろ循環(西の内回り)、(西の内・福祉センター)静団地、(西の内)大槻、(西の内)希望ヶ丘、郡山女子大スクール
11番:(麓山)大槻、(麓山)休石、(麓山)山田原、(麓山)御霊櫃、(池の台)芦の口・下守屋、(池の台)鎗ケ池団地、(池の台)静団地、コスモス循環(池の台回り)、菜根三丁目
以下は正式にはバスのりばでないが、ツアーバスが運行されている(旅行会社の主催ツアーであり、正式な「路線バス」とは異なるので注意)。
観光バス乗り場(バスターミナル隣接):さくら観光(東京・昼行、夜行)、フジメイトトラベル(東京・夜行)、やばっせライナー(郡山中央交通運行、東京・夜行)
郡山駅東口(ホテルアルファーワン郡山東口店前) WILLER TRAVEL(東京・夜行)※お盆などの繁盛期のみ
【歴史】
1935年(昭和10年)の郡山駅
1887年(明治20年)
7月16日 - 日本鉄道の駅(一般駅)として開業。当時は終着駅。
12月15日 - 日本鉄道線が仙台駅方面まで開業。
1898年(明治31年)7月26日 - 岩越鉄道の駅が開業、同社線が中山宿駅まで開業。
1906年(明治39年)11月1日 - 日本鉄道・岩越鉄道が国有化、国有鉄道の駅となる。
1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により、東北本線所属駅となる。
1915年(大正4年)7月10日 - 平郡西線(現在の磐越東線)が三春駅まで開業。
1968年(昭和43年)12月19日 - 日本オイルターミナル郡山営業所が営業開始。
1970年(昭和45年)5月 - 日本石油輸送が郡山ヤードを設置。
1982年(昭和57年)6月23日 - 東北新幹線が開業。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる。
1998年(平成10年)12月9日 - 新幹線改札口に自動改札機を導入。
2004年(平成16年)11月20日 - 1階にあったみどりの窓口とびゅうプラザを2階に移転。
2005年(平成17年)
3月1日 - みどりの窓口内に指定席券売機を導入。
3月19日 - エキナカがオープン。
3月21日 - フードバザーがオープン。
4月1日 - 在来線の1階中央改札口に自動改札機を導入。
2006年(平成18年)2月 - 在来線連絡橋にエレベーターが完成。
2007年(平成19年)3月18日 - ダイヤ改正により在来線のホーム番線の変更。2 - 6番線・水郡ホームから1 - 6番線に改称。
2007年(平成19年)12月 - 新幹線自動改札機を更新。新幹線用新型自動改札機設置。
2008年(平成20年)3月15日 - モバイルSuica特急券のサービスを開始。
2009年(平成21年)
1月30日 - 2階在来線エスパル改札口(北口)に自動改札機を導入。
3月14日 - 在来線(東北本線・磐越東線)におけるICカード「Suica」(相互利用可能なJR各社、および他社局のIC乗車カードでも)及び東北新幹線郡山 - 仙台間のSuica FREX定期券・Suica FREXパル定期券と、新幹線停車駅が2駅以上含まれるSuica定期券のサービスを開始。
【その他】
「機能的かつ都会的な美しい駅前広場」として、2002年(平成14年)、東北の駅百選に認定された。
本駅と東北本線安積永盛駅との間に郡山南駅(仮称)、磐越西線喜久田駅との間に郡山北駅(仮称)の開業がそれぞれ計画されており、2006年度から3年間のパーソントリップ調査を経て、郡山市が設置を検討する。
郡山駅(奈良県)と区別するため、乗車券類には以前「(北)郡山」と印字されていたが、新型の自動券売機に更新された際に印字は廃止され、「郡山」と印字されている。最近までは、2階の新幹線中央改札口にある自動券売機は、従来のまま「(北)郡山」と印字されていたが、リニューアル工事に伴った券売機更新によって、印字は廃止された。
西口は30分、東口は40分まで駐車料金が無料の駐車場がある。
2009年3月14日より、東北新幹線(郡山 - 仙台間)のSuicaFREX定期券、東北本線(矢吹 - 白石間)、磐越東線(郡山 - 船引間)にSuicaが導入された(磐越西線は現在Suicaサービスエリア外)。なお新幹線は2008年3月15日にモバイルSuica特急券のサービスを開始している。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ