このエントリーをはてなブックマークに追加

葛飾区のホテル一覧

7

葛飾区のホテル一覧

青戸ヴィラ 葛飾区青戸3-35-11 03-3604-0840
100%
HOTEL RIN 葛飾区新小岩1-28-7 03-3655-1126
100%
EXE RESORT 葛飾区東金町8-16-17 03-3627-1117
100%
ラグーン 葛飾区青戸2-21-9 03-5670-5330
100%
MORE 葛飾区新小岩2-3-10 03-3674-6231
100%
サナ・リゾート 葛飾区新小岩2-5-4 03-3653-4511
100%
HOTEL SEKITEI 葛飾区新小岩2-4-5 03-3655-2611
100%

葛飾区について

23区東部にある特別区のひとつ。区内には、山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園、秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で有名になった亀有がある。近年は松戸や船橋・三郷の都市開発によって、「隣接する葛飾区の土地や家賃も安く、より都心に近い」という理由で移り住む住民も多い。現在の葛飾区一帯や江戸川区の付近はかつては「葛西(葛飾の西部の意)」の名称で呼ばれていた地域であり、現在も東西線「葛西駅」、湾岸線「葛西ジャンクション」、「葛西臨海公園」、警視庁葛西警察署等にその名が残る。なお明治維新直後には、千葉県市川市から船橋市一帯に新行政庁として「葛飾県」が設置されたこともある。現在の東京都葛飾区以外に「かつしか」「葛飾」の全部または一部の名が付いた地名等が数多いのは、こうして本来「葛飾」と呼ばれた地域が非常に広大であったためである。また「葛飾」のほぼ中央付近に位置している現在の京成電鉄京成西船駅(千葉県船橋市)は、1987年まで「葛飾駅」の名称を使用していたほか、この周辺に点在する学校等施設はいずれも「葛飾幼稚園」「葛飾小学校」「葛飾中学校」など、「葛飾」の名をそのまま現在も冠している。また、JR総武線「本八幡駅」の語源にもなっている神社「葛飾八幡宮」(千葉県市川市)など、葛飾の名を冠したものは、実は現在の葛飾区よりも、「本来の葛飾」の中央付近だった千葉県北西部(旧・東葛飾郡)に多い。

アパホテル
デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ