このエントリーをはてなブックマークに追加

東海の「学園系」に関連したデリヘル一覧

4

知多半島(東海・知多・半田・セントレア)エリアについて

【東海】
東海市(とうかいし)とは、愛知県知多半島の付け根にある市。鉄鋼基地のある臨海工業地帯を擁する。1969年4月1日、知多郡上野町と横須賀町が合併して誕生した。市の名称は公募によるもので、「東海地方を代表するようなスケールの大きい名であること」「全体的によく知られ、知名度が高い」「中部圏の中心都市となるのにふさわしい名称である」という理由によったものである。新日鉄住金の製鉄所は開設当初は「東海製鉄」という名称であった。
古来から典型的な漁村で「海老せんべい」を尾張藩主に献上していた。海老せんべいの老舗、坂角総本舗の本社兼本店がある。西部は小高い丘陵地が広がるが、長年農耕には向かない場所であったが、愛知用水の開通で一大農産地へ転換し、製鉄所の誘致にも成功した。
【知多】
知多市(ちたし)とは、愛知県の知多半島の北西部にある市。知多郡、知多半島から由来する呼称である。大半が標高20~70mの丘陵地帯で、その谷及び海岸に沿って古くからの集落や市街地が発達している。 高度経済成長期以降、つつじが丘などの団地が造成されている。沿岸部の工業地帯には、発電所や製油所などがあり、内陸部では農業も盛んで、特産品はフキ、ペコロス(小球タマネギ)などである。このような産業が発達したのも、愛知用水の開業が無ければありえなかった。
【半田】
半田市(はんだし)は、愛知県の市である。尾張、知多地方に属する。古くから知多半島の政治や経済の中心であり、港湾都市として発達した街である。戦前の1937年3町合併によって知多半島で最初に市制を施行した。その後、昭和30年前後の合併ブームや平成の大合併でも合併が行われないまま現在に至っている。古くより醸造業が盛んで、太平洋戦争後には自動車関連産業などの製造業も進出した。そして日本で初めて非核自治体宣言を提唱した市でもある。『ごん狐』などで知られる童話作家新美南吉の出身地。市内には新美南吉記念館があるほか、記念館周辺には童話にちなんだ花畑なども広がっている。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ