このエントリーをはてなブックマークに追加

博多のデリヘル一覧

7

福岡市東部(博多・海の中道・太宰府・二日市)のホテルに関連するキーワード

福岡市東部(博多・海の中道・太宰府・二日市)エリアについて

[博多]
従来『博多』と呼ばれるのは那珂川と三笠川に挟まれた区域のことを指します。博多という地名は福岡市政発足からは行政上用いられてはいませんでしたが、福岡市が政令市に昇格するにあたり、『博多区』として名称を復活させたそうです。北西端部は博多湾に面した港湾地区、北西部は古くから港町や商業都市として栄えた地区であり、天神と並ぶ福岡の中心市街地で、呉服町や祇園があります。その中でも、那珂川と博多川に挟まれた地域は『中州』と呼ばれる日本有数の歓楽街があり、連日大勢の観光客等で賑わっています。
博多を語るうえではずすことが出来ないのが、福岡の観光スポットの一つとして観光客や市民に愛され続ける『屋台』。その数は全国にある屋台の約半数を占めると言われるほど多く、福岡市内で営業する屋台は150軒以上。そのうちの約半数は天神界隈で営業しています。屋台は一軒一軒個性的で魅力的。ラーメンはもちろん、煮込みや天ぷら、本格的なカクテルを出すお店まであります。今や福岡の風物詩となっている屋台ですが、歩道の占拠や衛生面、また騒音といった問題も多く、一昔前には全面廃止にしようという動きさえあったといいます。現在でも屋台運営におけるこれらの問題がすべて解決したわけではなく、地元の有志の方々が存続していけるよう日夜努力されているとのこと。福岡県民はもちろんのこと、全国各地から訪れる観光客にも愛され続けている屋台。ずっと存続していって欲しいものですよね。

[海の中道]
海の中道は『うみなか』とも呼ばれ、福岡の東区にある志賀島と九州本土をつなぐ、全長8kmの陸繋砂州です。砂州の北は玄界灘、南は博多湾に面しており、福岡市内のリゾート地として数多くのレジャー施設を抱えています。中でも国営の『海の中道海浜公園』は広大な敷地に多種多様な設備を備え、年間通じて大勢の人が訪れています。ユニバーサルデザインの視点を重要視した公園づくりに取り組んでおり、老若男女問わずあらゆる人たちが楽しく利用出来るように配慮されています。園内はテーマごとに七つのエリアに分かれており、それぞれがテーマに合わせた自然や施設で構成されています。特に四季折々の花は素晴らしく、春には花の祭典“フラワーピクニック”、秋には“うみなか・はなまつり”など、花に合わせたイベントも開催されています。また、夏には西日本最大級のリゾートプールがオープン。手ぶらで行けるデイキャンプでバーベキューを楽しむこともできます。また、海の中道と陸続きになっている志賀島の中央にある塩見公園の展望台からは、福岡市街を広く見渡すことが出来ます。志賀島はこのほか、弥生時代に後漢の光武帝が奴国の王に贈った『漢委奴国王』の金印が発見されたという言い伝えのある金印公園があることでも知られています。海辺には新鮮な魚貝を炭火で焼いて食べることが出来る小さな店も数軒あり、地元の方の温かな人柄に触れることも出来ます。どこかほのぼのとした方言を聞くと、旅の気分がいっそう高まりますよね。

[大宰府]
大宰府は福岡県の中部に位置する歴史の古い観光都市で、数多くの史跡や歴史関連施設があります。学問の神様といわれる菅原道真公が祀られていることで全国的に有名な『太宰府天満宮』には、年間約700万人もの参拝者が訪れているのだとか。年間最も多くの人が訪れる正月三が日は、24時間開門となるのだそうです。太宰府天満宮には一月のはじめに初詣行事として、“斧始祭”、“鷽替え神事”、“鬼すべ神事”
などといった特殊な神事があることでも知られています。斧始祭(おのはじめのまつり)は、当宮の営繕作業が計画通り無事にとりおこなわれることを祈念し、年のはじめに関係者によって古式どおり執り行われる神事です。斎場に神木を据え、お祓いの後に曲尺と墨壷を使って線を引く『墨立ての儀』を行い、神木の両端と中央に掛け声とともに神宝の斧を打ち込んで営繕の無事を祈るという神聖な行司です。鷽替え神事(うそかえしんじ)と鬼すべ神事は、1月7日に続けて行われます。鷽替えは、参加者が「替えましょ、替えましょ」の掛け声のもと、暗闇の中で木彫りの『うそ』を交換し合い、これまでの悪いことを嘘(うそ)にしてその年の吉に取り替えるという意味があり、誰でも参加できるのだそうです。鬼すべは年の始めにあたり、その年の災難を消して開運招福を願う勇壮な火祭りです。毎年境内東神苑にある鬼すべ堂にて行われています。当宮の氏子奉仕者約300人が鬼を退治する『燻手』(すべて)と鬼を守る『鬼警団』や『鬼係』に分かれ、迫力ある炎の攻防戦が繰り広げられるのです。天満宮ではこうしたさまざまな神事が終わり、ようやく正月が明けるのだそうです。いかにも歴史ある神社という気がしますよね。大宰府にはほかにも数多くのお寺や歴史的建築物、国立の博物館もあります。たまには時を忘れてのんびりと歴史をたどるのもいいかもしれません。

[二日市]
二日市は、福岡県筑紫野市の中心にある地域です。太宰府市に近く、周辺にはたくさんの史跡もあります。
北東に三郡山地、南西には脊振山地が広がり、南西部は佐賀県に隣接しています。全国各地にはよく、三日市や四日市、五日市という地名がありますが、これらは昔そこで定期市が開かれていたという名残りなのだそうです。二日市もその一つで、毎月二のつく日にたくさんの売り手買い手が集まって取り引きをしたことからこの名がついているのだとか。また、二日市には1300年以上の歴史がある温泉地があります。
江戸時代には藩主のための“御前湯”が設けられ、その名前は現在も市営の公衆浴場として残っています。
ほかにも福岡県内で一番古い歴史を持つ“博多湯”や、明治、大正、昭和と数多くの皇族の方々や軍人や文人に親しまれた“大丸別荘”があります。温泉街の近くには、九州最古の寺として知られる“武蔵寺”があり、毎年4月29日には、寺院の敷地内にある樹齢1300年とも伝えられる藤の供養のため、藤棚の根元にお酒を注ぐ『二日市温泉藤まつり』が開催されます。この日は隣接する天排公園でも、水上ステージでの公演や写真コンテストなどさまざまな催しが開かれ、毎年大勢の人で賑わっています。長い歴史を持つ由緒ある湯に浸かり、さまざまな時代の流れを見つめ続けてきたであろう藤の美しい花を愛で、その昔は多くの庶民で活気づいていたであろう二日市の定期市の様をぼんやりと想像してみたりする。賑やかな現代をしばし忘れてタイムスリップ気分を味わえるような街・・・。二日市はそんな場所なのかもしれませんね。

アパホテル
デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ