このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のデリヘル一覧

11

福岡市西部(中洲・天神・百道浜・前原・糸島)エリアについて

【中州】
福岡北西部に位置し、昔から商業都市として栄えてきた“博多”と呼ばれる地域。この中でも那珂川と博多川に挟まれ、北西から南東にかけて約1kmほどの細長い区域が西日本一の歓楽地といわれる“中州”です。さまざまな飲食店や風俗店が三千以上も軒を連ね、毎晩大勢の人で賑わう場所です。那珂川沿いには中央区にある長浜とともに、博多の大きな観光資源となっている屋台がズラリと並んでいます。暗くなって数多くの屋台の明かりが水面を照らす様は、なんともいえない風情があり、それぞれの屋台のさまざまな料理に舌鼓を打ち、個性的な店主と言葉を交わすひとときは、地元の人たちはもとより、博多を訪れる観光客にとっても心温まる時間となっています。
また中州では、毎年十月の第一週、木曜日から土曜日にかけて『中州まつり』が開催されています。昭和51年のオイルショックで景気が後退しつつある中、中州から不景気風を吹き飛ばそうという声から、年に一度の謝恩まつりとして始まったのだそうです。そのイベントの多さと賑わいは今や博多の名物まつりとなっています。前夜祭からはじまりほぼ一週間近くもの間、多種多様なライブやショー、コンテストなどが開催されています。中でも中州の女性たちが軸となり、OL、学生、主婦、と担ぎ手の幅も広い『國廣女衆みこし』はまつりのメインのひとつです。國廣神社を出発し、女性のみで担ぎ挙げられたきらびやかな神輿が、夜の中州を駆け抜けてゆく様は華やかで迫力満点。思わず喝采を送ってしまいます。商売繁盛の神様である“國廣稲荷神社”。美しく活気に満ちた女性たちの存在は、まさにこの神社のおまつりにふさわしいですよね。

【天神】
“天神”という地名は水鏡天満宮があることに由来しています。地下鉄天神駅や西鉄福岡駅の周辺地域を指し、博多駅からは離れていますが地下鉄やバスを使えば5分から10分程度です。南北に伸びる“渡辺通り”に沿って高級デパートやファッションビルなどの商業施設が高度に集まった九州最大の繁華街で、福岡市の中心業務地区でもあります。天神の名物の一つになっているのが“天神地下街”。三十年以上前に作られたという話ですが、広大な敷地に広がるまるで欧風の地下街のような造りは、その古さをまったく感じさせません。地下鉄の入り口に通じており、七隈線開通の際には延長路も造られました。天神駅の西側には新天町商店街があり、“金のなる時計台”でも有名です。厳密に言えば天神というのは、住所表記に『天神』がつく天神一丁目から五丁目を指しますが、一般的には拡大解釈されており、北天神や大名、中州の一部を含めて用いられています。現在天神は商業地域の印象が強いのですが、かつては福岡城下の武家町で、商人町は博多にありました。太平洋戦争後の復興の中で徐々に商業の中心となっていき、1964年の町名町界整理によって町名が天神となり、その際に隣接する因幡町や鍛冶町も含めて今の天神地区が確立したようです。洗練された都会的な顔と、地方ならではの人情味溢れる温かな顔を持つ天神は、昔も今も多くの人を魅了してやみません。

【百道浜】
百道浜エリアは、シーサイドももち海浜公園やマリゾンなどの観光スポットに加え、福岡市総合美術館や福岡市博物館などの文化施設が充実していて、福岡市民のみならず、大勢の観光客にとっても心安らぐ憩いの場所となっています。シーサイドももち地区は1989年に開催されたアジア太平洋博覧会の跡地を整備し、新しい水辺都市として再生させた地区なのだとか。この地区には海浜タワーとしては日本一の高さを誇る234mの“福岡タワー”があり、福岡の街並みを360度の大パノラマで見渡すことが出来ます。タワーはなんと8000枚ものハーフミラーで覆われた正三角形で、そのスタイリッシュな外観はとても人目を引きます。展望室には恋人たちのためのハート型のオブジェが設置されており、オブジェの周りにある『誓いのフェンス』に願いをこめて鍵をかければ愛が成就するのだとか。福岡タワーは福岡で初めて『恋人の聖地』に認定されていて、フェンスにかける鍵も『愛鍵』という福岡タワーのオリジナルです。
カップルや夫婦で思い出作りに出かけてみるのも素敵ですね。福岡タワーの北側には “シーサイドももち海浜公園”がひろがっています。“福岡ヤフオク!ドーム”からも近く、人工の砂浜ではビーチバレーやビーチサッカーなども盛んに行われています。夜は海面に映る美しい夜景を眺めることも出来、昼夜問わず公園内で多種多様な楽しみ方をすることが可能です。

【前原・糸島】
前原市は2010年、隣接する糸島郡二丈町、志摩町と、新設合併方式によって生まれ変わり、“糸島市”となりました。古くは唐津街道の宿場町として栄え、近年は福岡市のベッドタウンとして人口も増加しています。海と山の美しい自然に囲まれた街で、豊かな食材も多く、直売所も人気で常ににぎわっています。また、“魏志倭人伝”にも記されている『伊都国』という古代国家があった場所としても有名で、数多くの遺跡や古墳が残る地としても知られています。中でも弥生時代の終末期に造られた“平原遺跡”からは、数十枚の銅鏡や鉄刀、ガラス製やメノウ製管玉などの玉類が多く発見されており、銅鏡の中には日本最大級の内行花文鏡と呼ばれるものが五枚もあったそうです。ひとつの墓から出土した銅鏡の数としては弥生時代のものの中では日本一で、副葬品にはネックレスなどのアクセサリーが多く、そういったことからこの墓はあの邪馬台国の女王“卑弥呼”の墓ではないかという説もあります。
このような歴史のある糸島市には貴重な伝統芸能や祭りも多く、糸島市の無形民族文化財に指定されている“福井神楽”や、極寒の中で締め込み姿の男たちが厄に見立てた大餅を激しく奪い合う桜井神社の“餅押し”など、春夏秋冬さまざまな祭りが開催されています。風光明媚な景観を生かした観光スポットも数多く存在し、季節を問わず大勢の観光客が訪れている糸島市。日本の夕日百選に選ばれている“二見ケ浦の夫婦岩”や日本三大玄武洞の一つに指定されている巨大な洞窟“芥屋の大門”などの名所のほか、地元の新鮮な魚介類や農産物、手作り弁当や和菓子が堪能できる直売所も人気のようです。

アパホテル
デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ