このエントリーをはてなブックマークに追加

立川のデリヘル一覧

12

立川・国分寺エリアについて

東京都多摩地区にある立川市は、中央本線、南武線、青梅線が乗り入れる多摩地区で最も乗車人員が多い立川駅を中心に栄えている街です。2001年に「東京の新しい都市づくりビジョン」で核都市に指定され、急激な発展をみせております。多くの企業は住居用建物が立ち並び近未来都市の様相を呈しておりますが、国営昭和記念公園などのような公園もあり、住環境としては最高の街ではないでしょうか。立川駅から中央本線を利用すれば、新宿まで30分ほどで出ることが出来ますので、交通の便も良いです。立川市の観光スポットといえば、やはり日本を代表する国営公園、国営昭和記念公園でしょう。森のゾーン、広場ゾーン、水のゾーン、展示施設ゾーン、みどりの文化ゾーンからなる、非常に面積の広い公園で、バーベキューを楽しむことが出来るバーベキューガーデンやドッグランの施設、スポーツエリア・水あそび広場などの施設も充実しておりますので、1年を通して、非常にたくさんの観光客・利用客で賑わっております。

国分寺市は、東京都多摩エリアに位置する、人口およそ121,000の市です。国分寺市といえば、武蔵野エリアのリーダ的な高級住宅地として独自の文化と、ステータスを維持しております。奥多摩地方を含めたときに、ほぼ中央の位置にあることから、あえて東京の中心と紹介する人もおります。JR中央線沿線の街は、住みたい街のランキングに入ることが多いですが、その中でも人気なのが国分寺でしょう。「水と緑と文化の町」というキャッチフレーズそのままに、独自の文化と自然に溢れる、大変魅力的な街です。武蔵国分寺跡・武蔵国分尼寺跡やお鷹の道・真姿の池湧水群、東京都立武蔵国分寺公園などは観光スポットしても知られているところです。国分寺市の光町(ひかりちょう)には、東海道新幹線を開発したJRの鉄道総合技術研究所があります。実は、その町名そのものが東海道新幹線「ひかり」という名称になったと言われております。 また、タツノコプロや、ロックミュージシャンの忌野清志郎さんが高校生までを過ごした町としても有名です。

国立市は、東京都にある中央線沿線にある高級住宅地です。分寺市と立川市に挟まれている立地から「国立」という地名になりました。また、東京都によって文教地区に指定されており、教育施設や、その周囲の通学路に、教育上好ましくないと考えられるパチンコ店・ホテル・風俗店などを規制する地域となっています。この背景には、1950年代の急激な人口の増加や、隣接する立川市に駐留していた米軍兵士を相手にした、いかがわしい業種が増え、その結果駅周辺の環境が悪化しつつあったことがあります。現在では、桐朋学園小学校、東京都立国立高等学校、国立音楽大学附属中学・高等学校などの名門と言われる学校がいくつもありますので、「教育」という印象を持たれている方が多いのではないでしょうか。現在は、立川市に移転した国立音楽大学も、1978年までは国立市にありました。国立駅の南側に伸びている大学通りでは、冬の時期に大掛かりなイルミネーションが輝き、名所となっております。
三浦友和・百恵夫妻、歌手の久保田早紀さん、赤坂晃さん、宇梶剛士さん、女優の石井めぐみさん、作家の嵐山光三郎さんなど、著名人も多く在住しております。

東京都の西部にある福生市は、多摩地区のほぼ中央に位置する市です。アメリカ空軍横田基地が、市の東側平坦部の3分の1を占めております。横田基地がある関係で、外国人の姿も多く目にします。横田基地のフェンス越しに見えます、国道16号線沿いには、外国人向けの飲食店などが立ち並び、異文化を感じさせる町並みが続いています。リトル・カリフォリニアと称されるほど、限りなくアメリカに近い街です。また、異文化だけに留まらず、福生には江戸時代から続く造り酒屋や、蔵付きの旧家も多く、歴史散策をすることもできます。南稲荷神社近くには、市の指定天然記念物である大ケヤキ、赤い鳥居があり、見所となっております。福生市内には、JRの駅が5つあり、交通の利便性も非常に良いです。地域密着型の商店街もたくさんありますので、大変生活しやすい町なのです。

東京都の多摩エリア北部にある武蔵村山市は、人口およそ70,500人の市です。江戸時代から昭和初期ころまでは、木綿の織物の産地として栄えたところでしたが、ほかの産地との競争で敗れ、衰退していってしまいました。古くから農業が盛んで、リンゴ農園・酪農・なし・みかんなどがありましたが、現在ではその多くが宅地化されて、数は激減しております。商業施設に、ダイエー武蔵村山店(店内にケンタッキーフライドチキン・ミスタードーナツなど)イオンモールむさし村山、2006年11月には、日産村山工場跡地に巨大ショッピングモールが誕生しました。三越とジャスコの2つの大型店を中心として、シネマコンプレックスなどの娯楽設備や専門店を入れ、東京都内最大の規模となっております(2009年3月で三越は撤退)武蔵村山市には、鉄道と国道が通っておりません。新青梅街道上に計画されております、多摩都市モノレールは、「2015年度までに着工することが適当な路線」と位置づけられております。ただし、現在までに具体的な計画には至っていないのが現状です。

東京都の多摩地域にある東大和市は、人口およそ84,000のベッドタウンとなっております。
もともと「大和村」という名称で呼ばれていたこの地域は、神奈川県大和市と区別するために、
「東京」の「大和市」という意味で『東大和市』とされました。市の西側には、多摩都市モノレール線が南北に通っており、また南側には青梅街道が、中央には新青梅街道が東西に伸びております。主な鉄道と駅は、西武拝島線の東大和市駅、多摩都市モノレール線の上北台駅、桜街道駅、玉川上水駅があります。東大和市駅、青梅街道沿いの南街というエリアは、もともとは日立航空機で働く社員のための住宅や学校などを開発したエリアです。日立航空機の工場は第2次世界大戦中に、3度に渡る爆撃で壊滅的な打撃を受けました。戦後、この地はアメリカ軍の「大和キャンプ」となり、昭和48年に日本へ返還されました。村山貯水池である「多摩湖」は、東大和市のシンボルで、奥多摩湖と並んで東京都水道局が管理している人造湖です。桜が見所のスポットでもあり、4月の開花時期には多くの行楽客で賑わっております。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ