このエントリーをはてなブックマークに追加

川越のデリヘル一覧

21

川越・和光・東松山・志木エリアについて

【川越】
川越は、埼玉県南西部に位置する地名。旧・武蔵国入間郡。埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ第3位の人口を擁する。江戸時代には親藩の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。直接の由来は平安時代に河越館を構えた豪族河越氏であるが、その由来は古来より諸説ある。 川越は古来より武蔵国の中枢で、諸方に交通の便が拓けていたが川越市街地を川が囲む形となっており、入間川を越えないとたどり着けない地であることから「河越」と称されたという説や、養寿院にある銅鐘(国の重要文化財)に「武蔵国河肥庄」という銘があり吾妻鏡にも文治2年(1186年)の記述に既に「河肥」の文字があることから入間川の氾濫によって肥沃な地であるからという説などもある。
【和光】
和光は、埼玉県南部にある地名である。戦後、急速に東京のベッドタウンとして人口が増え、本田技研工業の工場建設(現在は工場は廃止)によって工業都市として発展。株式会社本田技術研究所の世界本社、独立行政法人国立病院機構埼玉病院、独立行政法人理化学研究所のほか、近年では税務大学校、司法研修所、裁判所職員総合研修所などの国や民間の研究・研修施設の立地が進んでいる。
【東松山】
東松山市(ひがしまつやまし)は、埼玉県のほぼ中央に位置する人口約9万人の市である。埼玉県のほぼ中央にあり、県内の地域区分では西部地域(または川越比企地域)の北端に位置する。
多くの街道が集まる交通の要衝として、古くは鎌倉時代から松山城(現在の行政区域は比企郡吉見町に存在するが、松山城跡自体は当市と隣接している)の城下町、その後は松山陣屋の陣屋町として発展した比企地域の中心都市である。埼玉県のほぼ中央に位置しているため、埼玉のへそ宣言をしている。
【志木】
志木は、埼玉県南部にある地名。江戸時代、市内を流れる新河岸川の舟運により引又河岸(現在の市役所付近の新河岸川周辺)が商業地として発展した。この周辺の経済基盤を背景として、大正期には東武東上線が誘致され、その開業と同時に志木駅が設置された。昭和後期には館の柳瀬川河畔に志木ニュータウンが造成されて柳瀬川駅が開業し、現在は東京圏のベッドタウンとなっている。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ