このエントリーをはてなブックマークに追加

所沢のデリヘル一覧

7

所沢・狭山・飯能エリアについて

【所沢】
所沢は、埼玉県南西部にある地名。東京のベッドタウンとして、新所沢、小手指地区には集合住宅が多く、所沢駅前はプロペ通りを中心にした繁華街となっている。東所沢地区はJR武蔵野線が開業した当時に比べ、人口が急増している。その反面、北部の富岡地区は江戸時代に行われた開拓により整備された農地(三富新田)が広がり、南部には宮崎駿監督作品の映画『となりのトトロ』の舞台にもなった狭山丘陵(トトロの森)が広がっており、豊かな自然にも恵まれている。日本で初めて飛行場が建設された地で、かつて飛行場であった所には所沢航空記念公園が作られ、所沢航空発祥記念館もある。東京航空交通管制部も当市にある。
プロ野球球団埼玉西武ライオンズのフランチャイズの西武ドームの所在地である。西武グループの本拠地でもあり、駅前には西武百貨店など、西武の名を冠するビルが連なっている。「所沢」という地名は、野老(トコロ。ヤマノイモ科の植物)が群生する湿地の意といわれるが不詳。古くは「野老澤」(ところさわ)と称した。市内西部から市内中心部を通り、東部に流れる東川(あずまがわ)を指しているとする説が有力である。
【狭山】
狭山市(さやまし)は、埼玉県南西部、入間川流域にある地名。狭山丘陵及び市内の特産物「狭山茶」に由来する。「狭山」という地名の由来自体は判然としないものの、「山」は「林」を意味し、武蔵野に散在していた雑木林のことを指していると言われ、「林に挟まれた土地」の意味という。歴史的に「狭山」という地名が指している場所には狭山市域も含まれるが、「狭山」は狭山丘陵を中心とした四方のかなり広い地域であり、現在の所沢市・入間市・東村山市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町などの範囲に及んでいる。これは概ね「狭山茶」の生産地域と同じである。現在、狭山市以外でも所沢市・入間市・東村山市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町等では住居表示や字名、学校名や企業名などに「狭山」という呼称を付けている例も少なくない。
【飯能】
飯能は埼玉県の南西にある地名。市内の7割が山野で、南東端に市街地が集中している。周辺地域の鉄道や道路の要所でもある。

デリヘル利用で満足したホテルランキング
スタッフが宿泊してきました
ニューオープンのホテル

当サイトについて

スマートフォン版の便利な使い方
お問い合わせ
▲このページの先頭へ